江戸 1703年12月14日、旧主の浅野内匠頭の仇である吉良上野介の屋敷に、大石内蔵助以下47人の赤穂浪士が討ち入りした「元禄赤穂事件」。後世に「忠臣蔵」として知られるようになりました。

赤穂浪士の討ち入り

投稿者

internetnow.jp

あらゆるジャンルを素早く検索。パソコンやスマホのトップページにブックマークして使ってください。