12月1日に開始したFXは、思いがけずに10,192円の名目利益となりました。買い方で870円の損益、売り方で497円の損益を含んでいるので、実質利益は8,820円でした。

1,000単位のドル円が10銭ごとに売買が成立すると100円の利益になるので、経験的に1日の売買成立件数が10件のため、1日で1,000円、3日で3,000円となるはずが大幅に多くなりました。

これはアメリカのインフレ状況と、新型コロナウィルスの変異種「オミクロン株」が相まってドル円はレンジ相場の中で激しく動いたためでした。

喫茶店マスターは、12月6日からは112円〜114円のレンジ相場 を 1,500単位でFXに資金を投資します。

投稿者

internetnow.jp

あらゆるジャンルを素早く検索。パソコンやスマホのトップページにブックマークして使ってください。